Other Tea

ウィッタード「イングリッシュブレックファスト」をレビュー

こんにちは!紅茶を飲むことが趣味の主婦です。現在は夫の転勤に伴ってハンガリーに住んでいます。
このサイトを読んでくださり、ありがとうございます。

イギリス・ロンドン生まれのの紅茶ブランド・「Whittard of Chelsea」(ウィッタードオブチェルシー)をご存知でしょうか。

私は、大学時代にイギリスに行ったときにこのWhittard(ウィタード)に出会い、その紅茶のおいしさに感動してから紅茶の魅力にとりつかれてしまいました。私の趣味のきっかけを与えてくれた、とても大切なブランドなんです。

しかし日本でも、そして私が現在住むハンガリーでもWhittard(ウィッタード)は展開していません…!

せっかくヨーロッパにいるのだから直接イギリスからWhittard(ウィッタード)の紅茶を買えたりしないかな…?と思って調べてみたところ、送料10ポンドで送ってくれることがわかり、先日イギリスの公式WEBサイトからオンラインショッピングで注文してみました。

家に届いたたくさんの紅茶のうち、今回の記事ではWhittard(ウィッタード)のイングリッシュブレックファスト(English Breakfast)についてご紹介します。

ウィッタードのイングリッシュブレックファスト(English Breakfast)とは?

Whittard(ウィッタード)のイングリッシュブレックファスト(English Breakfast)
そもそも「イングリッシュブレックファスト」とは、ウィッタードの固有のフレーバーではなく、イギリスで人気の国民的なブレンドティーです。
ビクトリア女王がこのイングリッシュブレックファストのブレンドが好きだったことから、イギリス中にそのおいしさが伝わったそう。

アールグレイなどのようにフルーツや花などのフレーバーはつけておらず、アッサムやセイロンなど数種類のブラックティーをブレンドして作られています。

同じイングリッシュブレックファストでも、どの紅茶をどのようにブレンドして作るかという定義はなく、各ブランドらしい味わいが楽しめます。
たとえばHarrods(ハロッズ)イングリッシュブレックファストは、セイロン・ケニア・アッサム・ダージリンの4種類の紅茶がブレンドされています。

Whittardのイングリッシュブレックファストは、どこ産のお茶がブレンドされているのかなあと調べてみると、公式ウェブサイトにも書かれていませんでした…!
イギリススタイルの朝ごはんとよく合う爽快で紅茶の深い味わいが感じられるブレンドとのことです。

イングリッシュブレックファストはウィッタードの中でもとても人気があり、伝統的な紅茶なのでキャディ缶入りのものやルーズリーフタイプ、ティーバッグのタイプなどさまざまな形で販売されています。

そんななかで私が今回買ったのは、Whittardの人気紅茶が8種類詰まった「Tea Discoveryコレクション」

さまざまなウィッタードの人気のお茶のなかに、イングリッシュブレックファスト(English Breakfast)が入っていましたので、こちらについてご紹介します。

ウィッタードのイングリッシュブレックファスト(English Breakfast)を飲んだ感想

Whittard(ウィッタード)のイングリッシュブレックファスト(English Breakfast)
まずパッケージから。朝にきれいな声をひびかせる鳥を描いた上品な黄色の紙ボックスに、20個のティーバッグが入っています。

朝食用にぴったりの紅茶であることが、パッケージからもわかるようになっているんですねっ。

ティーバッグは包装や持ち手の紐・タグなどがないとってもエコなタイプ。会社や学校などでは使いにくいかもしれませんが、自宅で紅茶を楽しむときや水出しアイスティーを作るときにはとっても使いやすい設計です。

それでは実際にウィッタードのイングリッシュブレックファストを淹れてみました。水色は濃いめの赤色。
Whittard(ウィッタード)のイングリッシュブレックファスト(English Breakfast)
ひとくち飲んでみると、しっかりとした紅茶本来の味わいが感じられるブレンドです。
シングルオリジンの紅茶よりもとっても飲みやすい。
紅茶の苦味とコクに加え、後味もさっぱりです。

こ卵焼きやベーコンなどの少し脂っこいご飯の合間にこのお茶を飲むと、とてもさっぱりするだろうなと思います。
名前の通り、ごはんを食べながら飲む紅茶としてぴったりですね。

もちろんミルクとの相性もよく、より滑らかに紅茶の香りが楽しめます。
Whittard(ウィッタード)のイングリッシュブレックファスト(English Breakfast)

Whittard(ウィータード)は日本にも店舗はありませんが、ネットで一部取り扱いがあるようです。
ご参考までにリンクを掲載しておきますので、気になる方は下記より詳細をご覧になってください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。